中学受験を考える小学生が塾なしで対策をする自宅学習カリキュラム例

中受の通信教育
中受の通信教育
この記事は約14分で読めます。

中学受験(受検)は、小3冬から3年間の通塾が基本コースです。

ただし、

  • 経済的な理由で通塾期間を最低限にしたい。
  • 親は中学受験をさせたいが、子どもが消極的。
  • 子どもを夜遅くまで塾に通わせることに不安がある。
  • 親子で中学受験をすることは確定していないが、子どもがやりたいと言ったときのために準備しておきたい。

などの理由で、自宅で中学受験へ向けた準備をしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、塾なし・もしくは最低限の通塾で中学受験(受検)を目指すカリキュラム例をご紹介します。

スポンサーリンク

コスト重視の中学受験(受検)を考えた経緯

以下でご紹介する「塾なし・もしくは最低限の通塾で中学受験(受検)を目指すカリキュラム」は、筆者自身の悩みを体現した内容になります。

かつてスタンダードな中学受験を経験した筆者は、

  • 学校帰りの塾通いの大変さ
  • 週末が授業や模試で潰れること
  • 自分の評価が偏差値だけでしか考えられなくなり、劣等感を味わうこと

など痛いほど知っています。

なので、わが子には子どもらしい小学校生活を送って欲しいと考えていました。

父親の考え方や経済的側面もあります。

しかし、先日『二月の勝者』を読み、その考え方は変わりました。

それは、中学受験が決して負の側面だけではなく、子どもの成長につながる要素があり、チャレンジする価値が十分にあるということです。

具体的には、

  • 現在の大学入試で求められる思考力や自分の考えを表現する力は、受験が終わっても生涯役に立つスキルである。
  • (経済的に私立中学が難しくても)公立中高一貫校であれば、公立並みの学費で6年間のリーダー養成カリキュラムを受けられる。
  • 今は中学受験=4大受験塾だけではなく、個別指導や家庭教師、オンライン授業、通信教育など、さまざまな手段がある。
  • これらの手段をうまく組み合わせれば、途中までは親のほうで受験対策ができるのではないか。

以上のことから、中学受験(受検)を想定した自宅学習カリキュラムを組みたいと考えました。

筆者は教育関連の実務経験はありませんが、大学では教育学・心理学を学んでいます。

また、実母がいわゆる教育ママだったので、子どもの頃に一通りの通信教育・習い事・通塾をしてきました。

なので、個人的な選択にはなりますが、現時点で考えている

塾なし・もしくは最低限の通塾で中学受験を目指すカリキュラム

の一例を次の項目でご紹介します。

塾なし or 最低限の通塾で中学受験(受検)を目指すカリキュラム

以下で、中学受験(受検)を視野に入れた自宅学習に使える教材を、国算理数の科目別にご紹介します。

1 国語

国語は、全教科の基盤となる「読解力」を身に付けるために、もっとも重要な科目です。

漢字・ことわざ・慣用句といった基礎を身に付けつつ、公立中高一貫校の適性検査に対応できる「読解力」「作文力」を身に付けていきます。

大切なのは、長文を読むことに慣れること・苦にならないようにすること。

読んで楽しいと思える教材にたくさん触れるのことで、自然と漢字を覚え、知らない言葉を調べて自分のものにしていく習慣を作ります。

「ブンブンどりむ」をやる

「ブンブンどりむ」を小1~小6までやる
※Z会と併用して、小5以降にやりきれないなら小4ぐらいまで

作文に特化した通信教育講座です。

ベストセラー『声に出して読みたい日本語』(草思社)の著者である齋藤孝先生(明治大学教授)の監修で、小学校6年間をかけてスモールステップで「書く力」を伸ばします。

6年生の「バッチリ完成コース」は、公立中高一貫校の受検記述対策に特化した内容になっています。模擬試験もありますので、実際の試験を想定した対策ができます。

  • イラスト豊富なマンガ形式で、読んで楽しい内容の教材。
  • 月2回提出する課題には、ほめる言葉がたくさん書いてあるのでやる気が出る。

自分が一生懸命書いた文章がほめられると、子どもは「もっとうまく書けるようになりたい!」「どこを直したらもっと伝わる文章が書けるようになるかな?」と自分で考えるようになります。

作文を通して国語力を伸ばすことで、全教科の基礎がためをしていきます。

「問題解決力ドリル」『月刊NEWSがわかる』(毎日新聞社)、絵本、課題図書などの副教材も充実。

\ブンブンどりむ公式サイトはこちら/

小学生新聞を購読する

小1~小6秋ぐらいまで購読

朝日小学生新聞・毎日小学生新聞・読売小学生新聞の3大小学生新聞のなかから、子どもに合った小学生新聞を購読します。

ネットニュースで何でも分かる時代でも、小学生新聞を読むメリットはたくさんあります。

以下で、実際に小学生時代に「朝日小学生新聞」を購読していた筆者が感じたメリット・デメリットをご紹介します。

小学生新聞を読むメリット
  • 新聞を読む習慣がつく。
  • 正しい日本語や論説を読むことで、文章の型が身に付けられる。
  • 漢字・ことわざ・慣用句のボキャブラリーが増える。
  • 時事問題に強くなる。
  • 子どもの年齢に合った楽しい読み物が読める。(エンタメ要素)
  • スクラップノートの作成や記事の要約など、新聞を活用した勉強ができる。
  • 特派員になってさまざまな体験をしたり、自分の考え・作品を投稿することで紙面づくりに参加できる。
小学生新聞を読むデメリット
  • 最初に新聞販売店と契約する必要がある。
  • 新聞の購読料がかかる。
    月額550円(税込)~1,769円(税込)
  • 日刊だと新聞が読み切れないことがある。

読売新聞ご購読案内【読売KODOMO新聞】

\ 小学生新聞の公式サイトをチェック! /

朝日小学生新聞(毎朝発行・カラー8ページ・月ぎめ1,769円)

読売KODOMO新聞

新聞社が発行している「子ども向けのニュース雑誌」を読む

小6から半年ほど購読(時事問題対策)

子どもが新聞に興味を持たなかったり、習い事などで忙しく毎日読むことが難しい場合は、小学生向けに時事ニュースを分かりやすく解説した月刊誌の購読がおすすめです。

例えば、『ジュニアアエラ』(朝日新聞社)、『月刊NEWSがわかる』(毎日新聞社)があり、どちらも中学受験を意識した内容になっています。

中学受験の時事問題は、小6の9月までのニュースから出題されることが多いので、とりあえず小6秋ごろまでの購読を目標とします。

ジュニアエラ (juniorAERA)
/~\Fujisan.co.jpへ
月刊ニュースがわかる
/~\Fujisan.co.jpへ
雑誌の定期購読ならfujisanがおすすめ!
  • 人気雑誌は最大50%OFF送料無料多数
  • 書店で買えないマイナー誌も買える
  • バックナンバー ちら見 タダ読み あり!
  • デジタル雑誌の取り扱い2,500誌以上!
  • 初回5,000円(税込)以上の定期購読で500円割引!

\ 公式サイトをチェック /

2 算数

中学受験の要と言われる算数は、苦手意識を持ちやすい科目のひとつです。

低学年のうちから、「算数は難しくない」「問題が解けるのは楽しい!」と思える教材を使っていきたいと思います。

『算数図鑑』を読む

低学年の算数学習の補助として。


分かっていてもなかなか分かりやすく伝えるのが難しい算数の概念は、ビジュアル重視の図鑑で自分の手を動かして体感していくことで、理解を助ける手立てになります。

計算問題の反復も大事ですが、難解な問題を紐解くベースとなる「算数感覚」を身に付けていきたいと思います。

算数オリンピック

中学受験の最難関校を目指す子の登竜門である算数オリンピックは、子どもが興味を持てば参加したいと考えています。

得意なことを得意な子どもたちと切磋琢磨して競い合うのは、学校生活では得られない刺激になるでしょう。

3 理科

休日に科学館や博物館に行く

時間に余裕がある低学年のうちに、科学館や博物館に積極的に行きたいです。

実物大の恐竜の骨格標本を見たり、隕石を手で触って確かめてみたり…。

展示物の説明を読んで理解できなくても、「すごい!」「おもしろい」「どうなってるんだろう」と知的探求心を高めるきっかけづくりになります。

科学館・博物館で開催されている小学生向けの講座も要チェック!

安価な料金で専門家の先生から学べたりするので、習い事感覚としても使えますよ。

実験工作やロボット・プログラミング教室など。

   

休日に動物園・水族館に行く

動物園や水族館もさまざまな生き物の生態を学ぶ絶好のチャンスです。

中学入試問題とは直接関係がなくても、動物や魚を見て図鑑で確認する、生態を知るなど、これからの学びに役立つヒントがたくさんあります。

家で料理やお菓子作りをする

お母さんの真似をして料理をしてみたい、お菓子作りをしてみたいと言われたときは学びのチャンス!

作りたいメニューにはどんな材料・道具が必要か、正しい道具の使い方、料理の段取り、お菓子づくりの化学反応など、子どもが五感を使って学べる要素が詰まっています。

また、家事スキルは生涯にわたって必要なスキルなので、男女問わずに子どものうちからできるようにしたいですね。

理科に強い子どもに育てるアイデアはこちら

4 社会

旅行先に日本史・地理を学べるプランを入れる

中学受験の社会で押さえておきたいのが、地理・日本史・時事問題です。

史跡・地理・世界遺産などが学べるスポットはぜひ家族旅行のプランに入れておきたいですね。

理科・社会は暗記が中心なの、国語・算数の後回しになりがちですが、実際に自分が訪れた場所や見た場所は記憶に残りやすく、理解も深めやすいもの。

ただし、ガチガチの社会勉強になっては子どもも面白くないので、純粋に楽しめるレジャーも忘れずに。

『るるぶ都道府県』、『るるぶ日本史』をリビングに置いておく

お子さん4人を東大に入れた佐藤ママが推薦する『るるぶ都道府県』、『るるぶ日本史』をリビングに置いて、いつでも見られるようにします。

ガイドブックなので、雑誌を読むように楽しく読めますし、子どもの興味も引き出しやすいです。

旅行先の選定にもおすすめ。

『マンガで読む日本史』を購入する

中学受験生はもちろん、東大合格者も読んでいた人が多い「マンガで読む日本史」もぜひ日本史の勉強に活用しましょう。

筆者も小学生時代に読みましたが、漫画のほうがシーンを覚えていたりして記憶に残りやすいんですね。

年表を丸暗記するより、人物像や背景を理解したほうが頭に入りますし、史実に基づいた内容なのでおすすめです。

東大生は、小学館版を読んでいた人が多いそうです!

5 全教科

Z会中学受験コース

小1~小6まで
小5から通塾の場合は、小4まで(基礎学力をつける)

中学受験を意識した通信教育を選ぶなら、Z会一択です。

なぜなら、数ある通信教育講座のなかでも、長年難関大学・高校の合格者を輩出しており、そのノウハウに基づいて中学受験コースが作られているからです。

通信教育は自分から勉強しない、続かない、教材が溜まる…と心配な方も安心。

Z会のここがすごい!
  • 通信教育でも「担任指導者」と「添削指導者」がダブルサポート。
  • タブレットの学習カレンダーに勉強スケジュールが自動配信されるので、親が勉強の管理をしなくても良い。
  • 保護者専用アプリでスケジュール管理・成績の確認・親子間でメッセージのやりとりができる。
  • 要点、練習問題などの問題を取り組むたびに、タブレット上で「ぷちぽ」というポイントが貯まる。貯まったポイント数に応じて地図上を進むので、努力の成果が見える化できる。
Z会がおすすめなのはこんな人!
  • 自宅で机に向かう習慣ができている。
  • 習い事などと並行して受験勉強がしたい。
  • 通塾の金銭的・肉体的負担を減らしたい。

スタディサプリ(スタサプ)

通塾しない場合、小4~小6まで

スタディサプリは大学受験勉強でもおなじみの、有名講師の授業が見放題のオンライン教材です。

短時間で効率良く学べるように作られた高品質な授業を、自宅にいながら何度も自分のペースで見ることができるので、マイペースに勉強したい子どもにぴったりです。

ただし、Z会と並行するとやりきれないかもしれませんので、そこは様子を見ながら投入していきたいと思います。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)

スポーツ・芸術の習い事

幼児~低学年のうちはスポーツ系・芸術系の習い事にも取り組んでおきたいものです。

スポーツは、体力作りや体育の授業の備え、身体の使い方を学ぶことにつながります。

元気が有り余っている子は、習い事で発散するのもいいですね。

一方、芸術系の習い事はその道のエキスパートになるというよりも、反復練習や鍛錬を積む大切さを学んだり、集中力を磨いたりすることに役立ちます。

芸術は一般教養でもあり、将来仕事に結びつかなかったとしても人生に潤いを与えることにも役立ちそうです。

まとめ:子どもに合わせたカリキュラムを臨機応変に進めたい

今回は、塾なし・もしくは最低限の受験塾の通塾で中学受験を目指す家庭でのカリキュラムの一例をご紹介しました。

中学受験を見据えた学習は、早期に課金すればするほど効果があるとは限らず、かといってコスパを重視したら必要な単元が期間内に学習できないと、なかなか正解が見えません。

ただし、低学年のうちに机に向かってコツコツと勉強する習慣を身に付けることは非常に重要なので、今回ご紹介したツールを組み合わせて子どもの意欲を高める働きかけをしていきたいと思います。

最後まで読みいただきありがとうございました。
記事内容は記事執筆時のもので、価格や内容は変更している場合があります。
最新情報は、公式サイトにてご確認いただけますと幸いです。
タイトルとURLをコピーしました