中学受験に役立つ学べるお出かけ!神奈川県内の科学館・博物館6つ

知育に役立つ体験・お出かけ
知育に役立つ体験・お出かけ
この記事は約9分で読めます。

今回は、小学校低学年の子どもと行きたい学べるスポット(神奈川県)をご紹介します。

中学受験へ向けて通塾が始まると、定例テストや模試、それまでやっていた習い事と一気に生活が忙しくなります。

なので、比較的時間に余裕がある低学年の休日に、体験型の学べるスポットに行っておくのがおすすめです。

今回ご紹介する施設
  • 三菱みなとみらい技術館
  • はまぎん こども宇宙科学館
  • かわさき宙(そら)と緑の科学館
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館
  • 電車とバスの博物館
  • 小田原城

科学実験教室や工作教室、サイエンスショーなど、五感を使ったワクワクする体験を重ねましょう♪

東京バージョンはこちら。

2021年5月現在、新型コロナウイルスの影響で臨時休業や時短営業をしている施設があります。

最新の情報は、記事内の公式リンクからご確認ください。

スポンサーリンク

中学受験に役立つ科学館・博物館4つ

まずは、最新の科学技術や宇宙、自然科学を学べるスポットを4つご紹介します。

科学館や博物館は、休日に小学生向けのイベント・ワークショップを開催している施設が多いので、お近くの方は習い事感覚で活用してみてもいいですね。

夏休みの自由研究のネタも豊富ですよ。

①三菱みなとみらい技術館

三菱みなとみらい技術館は、日本最大の機械メーカーである三菱重工業が設立した科学館です。

館内の展示は、三菱重工業のこれまでの技術が結集されており、宇宙・空・海ゾーンのテーマ別にその技術を体感できます。

なかでも空ゾーンでは、コックピットでMRJのフライトシミュレーションが体験でき、多くの子どもたちで賑わっています。

主な展示・体験コーナー
  • バーチャルツアーステーション
  • サイエンスプラザ
  • キッズグラウンド(未就学児向けの大型ブロックコーナー)

小学生向けのイベントも充実しています。

理科に役立つ不定期イベント
  • サイエンスショー
  • スペシャルショー
  • 企画展
  • キッズラボなど
名称三菱みなとみらい技術館
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号
三菱重工横浜ビル
電話番号045-200-7351
開館時間10:00~17:00(最終入館16:30)
※10/1~翌年2/28の平日は16:30まで
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始及び特定休館日
入館料大人500円、中・高生300円、
小学生200円、未就学児・65歳以上無料
公式サイトhttps://www.mhi.com/jp/expertise/museum/minatomirai

ランドマークタワーの隣なので、みなとみらいのお出かけの1つに!

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.mhi.com/jp/expertise/museum/minatomiraiです。
(参考:三菱みなとみらい技術館 https://www.mhi.com/jp/expertise/museum/minatomirai
 2021年5月17日)

②はまぎん こども宇宙科学館

はまぎん こども宇宙科学館は、宇宙科学をテーマにした参加体験型の科学館です。

地下2階から5階ある建物全体が、宇宙船をイメージしたつくりになっています。

  • 5F「宇宙船長室」
  • 4F「宇宙研究室」
  • 3F「宇宙トレーニング室」
  • 2F「宇宙発見室」
  • B2「あそびの広場/特別展示室」

館内は少し古さを感じるものの、子どもの興味を引き出す展示物がたくさんあり、未就学児から楽しめます。

なかでも、ぜひ行ってみたいのがプラネタリウムです。

直径23mのプラネタリウムでは、ドーム全体に美しい星空が迫力満点の映像で映し出され、まるで宇宙にいるかのような臨場感を味わえます。

ほかのイベント
  • 星空観察会…月1~2回
    実際の星空を見ながら星や星座の解説を聞いたり、天体望遠鏡で月や惑星などの天体観察ができる。
  • 洋光台サイエンスクラブ
    会員登録(会費は無料)すると、科学館で開催されるロボット&プログラミング教室や実験工作教室に実費のみで参加できる。半年間有効のお得な入館フリーパスもあり。
名称はまぎん こども宇宙科学館
住所
神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
電話番号045-832-1166
開館時間9:30~17:00(最終入館16:00)
休館日第1・3火曜日・年末年始・臨時休館
入館料大人400円、小・中学生200円
プラネタリウム
入場料
大人600円、小・中学生300円、
4歳以上300円
公式サイトhttps://www.yokohama-kagakukan.jp/

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.yokohama-kagakukan.jp/です。
(参考:はまぎん こども宇宙科学館「洋光台サイエンスクラブ」https://www.yokohama-kagakukan.jp/event/scienceclub/ 2021年5月17日)

③かわさき宙(そら)と緑の科学館

かわさき宙(そら)と緑の科学館は、生田緑地内に位置する自然系の博物館です。

大型ドーム向けに開発された最新の光学式投影機「MEGASTAR-Ⅲ FUSION」のプラネタリウムがあり、子ども向け・大人向けのプログラムが解説付きで上映されています。

主な展示物
  1. 自然体験エリア
    川崎の自然を「川崎の大地」「丘陵の自然」「街の自然」「多摩川の自然」「生田緑地ギャラリー」の5つのテーマから見ることができる。
  2. 天文体験
    太陽系の8個の写真 ⇒ 太陽系から宇宙全体までの位置関係を確認できる。

小学生向けの科学系ワークショップも充実しています。

小学生向けのワークショップ
  • サイエンスワークショップ(毎週土曜日)
  • 生田緑地観察会
  • アストロテラス天体望遠鏡を使った観察会
  • 星を見る夕べ
  • サイエンス教室
名称かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市青少年科学館)
住所川崎市多摩区枡形7-1-2
電話番号044-922-4731
開館時間9:30~17:00
休館日毎週月曜日(祝祭日の場合は開館、翌火曜日は休館)
祝祭日の翌日(土日・祝日の場合は開館)
年末年始
入館料無料
プラネタリウム
観覧料金
一般400円、高校生・大学生・65才以上200円、
中学生以下無料
公式サイトhttps://www.nature-kawasaki.jp/

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.nature-kawasaki.jp/です。
(参考:かわさき宙(そら)と緑の科学館
 https://www.nature-kawasaki.jp/ 2021年5月17日)

④神奈川県立生命の星・地球博物館

神奈川県立生命の星・地球博物館は、地球誕生から生命の起源までを幅広く学べる自然史博物館です。

神奈川県立生命の星・地球博物館では、隕石や鉱石に実際に触れることができたり、恐竜をはじめとするさまざまな生物の骨格標本を自分の目で確かめたりすることができます。

なかでも、高さ3.2メートルの立体百科事典は圧巻!

子どもたちの知的好奇心を満たしてくれること間違いなしです。

主な展示物
  • 地球展示室
  • 生命展示室
  • 神奈川展示室
  • 共生展示室
  • ジャンボブック展示室

小学生向け講座の詳細は、下記公式サイトのリンクからチェックできます。※注1

名称神奈川県立生命の星・地球博物館
住所神奈川県小田原市入生田499
電話番号044-861-6787 
開館時間9:00~16:30(最終入館16:00)
休館日月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)
館内整備日
年末年始
燻蒸期間
国民の祝日等の翌日
入館料20歳以上520円、19歳以下学生300円、
高校生・65歳以上100円、中学生以下無料
公式サイトhttp://nh.kanagawa-museum.jp/

箱根旅行のついでに行ってもいいですね!

記事を作成する際に参考にしたサイトは、http://nh.kanagawa-museum.jp/です。
(参考:注1)神奈川県立生命の星・地球博物館「講座・観察会」https://nh.kanagawa-museum.jp/www/genre/1000100000015/index.html 2021年5月17日)

中学受験勉強に役立つ博物館・史跡2つ

続いて、社会編です。

①電車とバスの博物館

電車とバスの博物館は、東急電鉄が運営する電車とバスの仕組みを展示する博物館です。

東急田園都市線宮崎台駅に直結しているのでアクセス抜群!

主な展示物
  • 8090系運転シミュレーター(利用料金:1回300円)
  • 昭和40年代に活躍したRB-10型バスの展示
  • 東横線CGシミュレータ
  • 昔の高津駅を再現
  • Nゲージパーク
  • 東急ヒストリーパノラマシアター

電車とバスの仕組みや仕事内容が楽しみながら学べます。

名称電車とバスの博物館
住所川崎市宮前区宮崎2-10-12
電話番号044-861-6787 
開館時間10:00~16:00(最終入館15:30)
休館日毎週木曜(木曜が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料高校生以上300円、3歳から中学生100円
有料設備8090系運転シミュレーター:1回300円
Nゲージパーク:20分ごと200円
キッズシミュレーター:
ペーパークラフト印刷 1枚200円(休止)
公式サイトhttps://www.tokyu.co.jp/museum-2/

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.tokyu.co.jp/museum-2/です。
(参考:電車とバスの博物館
 https://www.tokyu.co.jp/museum-2/ 2021年5月17日)

②小田原城

小田原城は、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城です。

国内の数あるお城の中でも、最寄り駅から徒歩10分とアクセスしやすい場所なので、神奈川県民ならぜひ足を伸ばして訪れてみましょう。

2016年にリニューアルオープンし、ビジュアルメインの展示で小田原城の歴史を分かりやすく学べます。

主な展示
  • 1階:江戸時代、映像シアター
  • 2階:戦国時代
  • 3階:美術工芸品や発掘調査について
  • 4階:企画展示
そのほかの展示
  • 常盤木門SAMURAI館
    甲冑や刀剣類など、武具を専門にした展示、甲冑・打掛・忍者衣装の”貸出着付け体験スペースがある。
  • NINJA館
    小田原北条氏の歴史や、戦国時代の北条氏を支えた風魔忍者について学べる。
名称小田原城
住所神奈川県小田原市城内6-1
電話番号0465-23-1373 
開館時間9:00~17:00(最終入館16:30ま)
※6~8月の土日・祝日は18:00まで
(入館は17:30まで)
休館日1月1日、12月第2水曜日、12月31日
入館料・天守閣:一般500円、小中学生200円
・常盤木門:一般200円、小中学生60円
・NINJA館:一般300円、小・中学生100円
・天守閣・常盤木門 2館共通券:一般600円、
小中学生220円 
公式サイトhttps://www.city.odawara.kanagawa.jp/
(小田原市ホームページが開きます。
「観光」をクリックすると小田原城の外部サイトがあります)

幼児連れの方は、こども遊園地もおすすめ!

豆汽車やバッテリーカーが各80円(税込)と激安ですよ~~。

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.city.odawara.kanagawa.jp/です。
(参考:小田原市ホームページ https://www.city.odawara.kanagawa.jp/ 2021年5月17日)

まとめ:五感を使った体験は将来の勉強の基礎になる

今回は、中学受験を意識し始めたら休日に行きたい神奈川県の博物館・科学館・史跡をご紹介しました。

今回ご紹介したスポットは中学受験をする、しないにかかわらず、小学校高学年の理科・社会の授業で役立つ施設ばかりです。

小学校低学年の休日はぜひ、五感を使った体験をしてみましょう。

最後まで読みいただきありがとうございました。
記事内容は記事執筆時のもので、価格や内容は変更している場合があります。
最新情報は、公式サイトにてご確認いただけますと幸いです。
タイトルとURLをコピーしました