簡単・アレンジ可能!ダイソー万華鏡キットを作ってみたレビュー

中受に役立つ教材・ツール
中受に役立つ教材・ツール
スポンサーリンク

今回は、小学生の自由研究の定番である万華鏡をダイソーの「万華鏡キット(檸檬色)」を、子どもと一緒に作ってみたレビューをご紹介します。

材料はすべてそろっていて作り方も簡単! 中のビーズを入れ替えることもできるので満足度の高い工作キットでした!

昔ながらのおもちゃですが、意外と現代の子もハマるので、ぜひチェックしてみてください♪

スポンサーリンク

ダイソーの「万華鏡キット(檸檬色)」の中身

こちらが、ダイソーの「万華鏡キット(檸檬色)」です。

ダイソー 万華鏡キット
ダイソー 万華鏡キット

おもちゃ売り場や、駄菓子コーナーにあります。

ほかにも青系や、赤系の色がありました。

「万華鏡キット」の中身はこちら。

  • キャップA・B:各1個
  • 中ブタ:1個
  • ビーズ:1袋
  • メッキシート:1枚
  • 筒:1本
  • 化粧紙:1枚
ダイソー 万華鏡キットの中身
ダイソー 万華鏡キットの中身

トイレットペーパーの芯や、折り紙、ビーズは家にありますが、筒に合うキャップなどを個別に買うならダイソーの「万華鏡キット」を買ったほうが楽ちんです。

工作の本では、化粧品のクリームケースなどを使うレシピがありました。

メッキシート(ミラーシート)も案外見つからないですし、筒に合わせて3等分するのも手間がかかります。

なので、キットになってると便利です!

こちらが万華鏡の組み立て方です。

ダイソー 万華鏡キットの組み立て方
ダイソー 万華鏡キットの組み立て方

セット内容に加えて、セロハンテープとのりが必要です。

万華鏡を組み立てる

さっそく万華鏡を組み立ててみましょう!

まずは、キャップBに入れるビーズです。

中に入れるビーズも入っている
中に入れるビーズも入っている

赤・青・黄色のビーズがサイズ違いで入っていてなかなかバランスが良さそうです。

自宅にあるビーズも入れてみることにしました。

余っているビーズも使える
余っているビーズも使える

子どもに好きなようにチョイスしてもらいます。

選んだのがこちら。

万華鏡に入れるビーズ
万華鏡に入れるビーズ

次に、メッキシートを三角に折り、セロハンテープで留めて筒の中に入れます。

ミラーシート
ミラーシート

メッキシートの表と裏がいまいちよく分かりませんでした。

筒に化粧紙を巻いてのりで貼るのですが、子どもだとずれてしまったり、よれてしまったりしたので、親がやりました。

その後、紙が破けたため家にある星座の折り紙を貼り直しています。

キャップAとキャップBを筒にはめたら完成!

万華鏡の完成
万華鏡の完成

あっという間にできました~。

  • ビーズを入れたキャップは外れやすく、外れるとビーズが散乱してしまいます。
  • セロハンテープで仮止めしてからキャップをはめると、外れにくく中身の入れ替えも可能です。
  • のぞき穴のキャップはボンドで固定しました。

万華鏡をのぞいてみる

子どもは万華鏡から見える世界にとてもワクワクしていて、「できるまで絶対に見ない!」と最後まで見ませんでした。

完成して、のぞいてみると…

万華鏡をのぞいたところ。
万華鏡をのぞいたところ。

小傷のあるメッキシートで大丈夫か不安でしたが、ちゃんと見えています!

万華鏡から見える世界
万華鏡から見える世界

キットに入っていたビーズのほうがカットが多いので、よりきれいに見えますね。

うまく撮影できませんでしたが、万華鏡を回すごとにきれいな世界が広がっていました。

スパンコールや、ネイル用のビーズを入れてもいいかも!

まとめ:アレンジが楽しいダイソーの「万華鏡キット」

今回は、ダイソーの「万華鏡キット」を作ってみたレビューをご紹介しました。

まとめ
  • ダイソーの「万華鏡キット」は材料がすべてそろっていて15分ぐらいで作れる。
  • メッキシートと化粧紙はやや強度が心もとないが、折り紙やカラーペーパーなどでオリジナルの万華鏡を作ることも可能。
  • ビーズを入れ替えられるので、長く楽しめる。

万華鏡を手軽に作りたい方は、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

最後まで読みいただきありがとうございました。
記事内容は記事執筆時のもので、価格や内容は変更している場合があります。
最新情報は、公式サイトにてご確認いただけますと幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中学受験の羅針盤
タイトルとURLをコピーしました