ブンブンどりむは中学受験・適性検査に効果的?コース内容・費用比較

中受の通信教育
中受の通信教育

公立中高一貫校の入学者選抜は、学力試験ではなく「適性検査」であることはみなさんご存知ですよね。

主に、「適性検査」「作文」「面接」「報告書」の4つの組み合わせから総合的に判断されるので、必然的に公立中高一貫校の受検対策は私立中学(4科目の学力試験)とは異なってきます。

なかでも、「作文」に関しては、適性検査の場で考え、自分なりの提案や意見を表現できるかがカギになります。

そこで今回は、作文に特化した学習カリキュラムが学べる通信教育講座「ブンブンどりむ」をご紹介します。

さらに、ブンブンどりむと併用すると効果的な作文コンクールや適性検査模試情報もあわせてチェックしてみてください。

「ブンブンどりむ」は小学生向けの作文通信教育

「ブンブンどりむ」は、小1~小6までの小学生を対象とした作文通信教育講座です。

「ブンブンどりむ」を運営しているどりむ社は、1994年から大手進学塾向け作文添削教材「ザ 作文」教室を提供し、多くの生徒の作文指導を行ってきました。

そして、その実績をもとに2006年に個人向けに始めた作文通信教育講座が「ブンブンどりむ」になります。

塾向けの「ザ 作文」教室からは実に25年以上の実績があり、「青少年読書感想文全国コンクール」の入賞者が「ブンブンどりむ」の会員だったとか!

さらに、ベストセラー『声に出して読みたい日本語』(草思社)の著者である齋藤孝先生(明治大学教授)が監修されていますので、作文力だけでなく、「思考力」「読解力」「想像力」を総合的に身に付けられる教材なのです。

以下で、「ブンブンどりむ」の特長や学習の流れ、教材内容、費用について詳しく解説します。

「ブンブンどりむ」で作文を楽しく学べるポイント3つ

「マンガ形式」の読んで楽しいテキスト

「ブンブンどりむ」のテキストは、マンガ形式なので小学生でも興味を持って楽しく取り組める構成になっています。

1日の勉強時間は、10分程度(1日1見開き)なので、塾や習い事と両立しやすいのもポイント。

特に、中学受験塾と併用すると、塾だけでは手薄になりがちな作文対策をすることができます。

作文は、学んですぐに書けるものではありません。

「ブンブンどりむ」は、小学校1年生からスモールステップで設定されているので、無理なく「書く力」を伸ばすことができます。

低学年は、自分のことや学校のことなどの身近な話題を短文から少しずつ。

高学年は、表やグラフの情報を読み取る問題など、適性検査に役立つ実践的な書き方を学びます。

ほめられると誰でも嬉しい! 丁寧な添削指導

ほかの通信教材でも赤ペンを使った添削指導はありますが、「ブンブンどりむ」は特にほめる言葉が多いのが特長です。

添削課題の余白いっぱいに「ここは○○ができてるね」と細かくほめられることで、子どもは自分が頑張った成果を実感できます。

さらに、「○○するともっと良くなるよ」というアドバイスを読むことで、次回どうしたらもっとうまく書けるか、自分なりに気付くことができます。

副教材が豊富なので、親がいろいろ探さなくて良い

「ブンブンどりむ」は、テキスト以外の副教材も充実しています

「ブンブンどりむ」の副教材
  • 問題解決力ドリル:論理力・記述力
  • 国語力ステップアップブック:漢字・語彙力、PISA型問題
  • 『月刊Newsがわかる』(毎日新聞社)、時事シート:時事問題対策
  • 絵本・課題図書:読解力

など、公立中高一貫校の適性検査受検に必要な科目を横断する総合力を、さまざまな教材から身に付けることができます。

これだけの参考書を私の知識だけで探して、適切な時期に提供するのは無理…

「ブンブンどりむ」の学習の流れ・各コース内容は?

「ブンブンどりむ」は、次の流れで勉強を進めていきます。

  1. 教材が届く
  2. 勉強スタート(1日10分程度)
  3. 提出課題に取り組む
  4. 提出課題・ポイントシールが返送される

ポイントシールを集めると、素敵なプレゼントがもらえるんです!

通信教育あるあるですが、子どもはポイントを貯めたくて頑張りますよね。

  • 提出課題シート
  • 模擬テストを送る

などで、ポイントシールがもらえますよ!

毎年3月には「作文力判定テスト」があり、結果が表賞状で届きます。

賞状もシンプルに嬉しい!

各コースの教材内容

続いて、「ブンブンどりむ」で取り組む教材を学年ごとにまとめました。

「ブンブンどりむ」では、テキスト1冊、提出課題2枚(6年生は月1回の模擬テスト)が基本で、学年ごとに副教材が付いてきます。

メインとなるテキストは、

  • 1週目:かきかたランド
  • 2週目:あたまランド
  • 3週目:こころランド
  • 4週目:ものしりランド・スペシャルステージ

の4つで構成されており、副教材とともに1ヶ月分取り組みます。

提出課題は、1週目・4週目の2回(6年生は月1回)で、「勉強カレンダー」でスケジュールを組むことができます。

提出課題は2週間後に返送されるので、見直しもあわせて行います。

小1:ワクワク入門コース

メインテキスト提出課題副教材
テキスト(24P):毎月
別冊解答・解説
提出課題シート2枚
:毎月
▶国語力ステップアップブック:毎月
▶算数・生活科でやしなう問題解決力ドリル
:年3回
▶絵本:毎月

小2:ドキドキ基礎コース

メインテキスト提出課題副教材
テキスト(32P):毎月
別冊解答・解説
提出課題シート2枚
:毎月
▶国語力ステップアップブック:毎月
▶算数・生活科でやしなう
問題解決力ドリル:年3回
▶絵本:偶数月

小3:グングン上達コース

メインテキスト提出課題副教材
žテキスト(40P)毎月
巻末解答・アドバイス
提出課題シート2枚
:毎月
▶国語力ステップアップブック:毎月
▶算数・理科・社会でやしなう
 問題解決力ドリル:年4回
▶ワークシート:偶数月
▶特別付録:毎月

小4:メキメキ応用コース

メインテキスト提出課題副教材時事対策
テキスト(40P)毎月
巻末解答・アドバイス
提出課題シート2枚
:毎月
▶国語力ステップアップブック
:毎月
▶算数・理科・社会でやしなう
問題解決力ドリル:年4回

▶月刊「Newsがわかる」:毎月
▶時事シート:毎月

小5:トコトン実践コース

メインテキスト提出課題副教材時事対策
テキスト(32P)
毎月巻末解答・アドバイス
提出課題シート2枚:毎月▶課題図書:偶数月
「光村ライブラリー」の図書
を読んで条件作文を書く。
▶算数・理科・社会でやしなう 問題解決力ドリル(20P)
:年4回

▶月刊「Newsがわかる」:毎月
▶ 時事シート:毎月

小6:バッチリ完成コース

メインテキスト提出課題副教材時事対策
テキスト(32P)毎月
巻末解答・アドバイス
模擬テスト(1枚)毎月作文かきかたBOOK 4月号
▶月刊「Newsがわかる」
:毎月
▶時事シート:毎月
公立中高一貫校適性検査対策は?

6年生の「バッチリ完成コース」は、適性検査やPISA型試験 ※注1 を見据えた構成になっています。

なかでも、月1回提出する模擬試験は、

  1. 長文読解問題
  2. 漢字・語彙問題
  3. 記述問題
  4. 条件作文

の4つの問題から構成されています。

また、時事問題対策として小4から月刊「Newsがわかる」(毎日新聞社)が副教材として付いてくるので、時事問題をテーマにした課題に取り組むことができます。

「PISA型試験」ってなに?

OECD(経済協力開発機構)が測る学力のこと。学校で習ったことをどの程度理解しているかではなく、知識や経験を活用して、実生活のさまざまな場面で直面する課題について、自分で積極的に考える能力のことです。

学研キッズネット「PISA型学力ってなに?/知っておきたい教育用語のトリセツ【第5回】」
https://kids.gakken.co.jp/parents/education/education-terminology05/ 2017年1月24日

適性検査の問題によく似ていますね!

  • 月額4,510円(税込)~4,972円(税込)
            ※12ヵ月一括払いの月あたり料金
  • マンガ形式のテキストと豊富な副教材!
  • 6年生は公立中高一貫校受検対策ができる!

\ まずは無料体験キットでチェック! /
ブンブンどりむの公式サイト

「ブンブンどりむ」の受講費・入会方法

続いて、気になる料金や受講方法について説明します。

ブンブンどりむの料金・入会方法
  • 入会金0円!
  • いつでも入会可能
    毎月5日までに申し込むと、その月からの受講できます。
    スタート号以降の教材が届くのは、毎月前月末頃になります。
  • 途中解約OK
    退会したい月の前月5日までにご連絡すると、翌月からの退会になります。
    6日以降は翌々月の退会になりますので、ご注意ください。
  • 安心の後払い(クレジットカード払い、自動引き落とし(口座振替)、払込取扱票)
  • 海外受講・別学年の受講も可能

どの学年コースを選んでもいいので、先取り学習はもちろん、さかのぼって基礎から学ぶこともできます。

添削もしてくれますよ!

受講費は、小学校1年生コースと小学校2年生~6年生までの2コースに分かれています。

小学1年生対象コース(4月号入会の場合)
毎月払い6ヵ月一括払い年払い
4,950円28,314円54,120円
年額:59,400円月あたり:4,719円月あたり:4,510円
※6ヵ月払いは毎月払いより2,772円お得! ※年払いは、毎月払いより5,280円お得!

※価格はすべて税込価格です。

小学2年生~6年生対象コース
毎月払い6ヵ月一括払い年払い
5,445円31,218円59,664円
年額:65,340円月あたり:5,203円月あたり:4,972円
※6ヵ月払いは、毎月払いより2,904円お得! ※年払いは、毎月払いより5,676円お得!

※価格はすべて税込価格です。

どちらのコースも、クレジットカード年払いが一番お得!

お得な割引はある?

2人目以降のきょうだいが受講する場合は、きょうだい割引があります。

きょうだいと受講が重なっている期間のみの割引です。

きょうだい同時申し込みの場合も、きょうだい割引が適用されます。

小学1年生対象コース(4月号入会の場合)
毎月払い6ヵ月一括払い年払い
4,400円26,400円52,800円

※価格はすべて税込価格です。

小学2年生~6年生対象コース
毎月払い6ヵ月一括払い年払い
4,928円29,568円59,136円

※価格はすべて税込価格です。

その他の割引はある?

お友だち紹介キャンペーンで、お友達を紹介すると図書カード500円分がもらえます。

ブンブンどりむはほかの通信教育教材より高い?

ブンブンどりむの月額料金は、5,445円(小2~小6・毎月払い)。

年間65,340円の出費になるので、作文だけを学ぶのに5,000円以上は正直高い気もします。

そこで、ほかの有名通信教育講座の料金と比較してみました。

小6の各コース料金毎月払い年払い
ブンブンどりむ5,445円59,664円
進研ゼミ6,440円68,760円
Z会(5科目)9,790円97,680円
Z会 公立中高一貫校
適性検査(オプション)
3,300円33,660円
Z会 公立中高一貫校
作文(オプション)
3,300円33,660円
スマイルゼミ7,260円76,450円
 〃 専用タブレット代10,978円 
スタディサプリ2,178円26,136円
※すべて税込価格

いかがでしたでしょうか?

今回は小学校6年生のコースを比較しましたが、小学生向け通信教育では学年ごとに受講費も上がっていきますので、小2~小6まで同料金の「ブンブンどりむ」は良心的と言えるかも。

紙だけの教材なので、タブレット代などの費用もかかりません。

ただし、作文に特化したカリキュラムなので、国・算・理・数は別途受講が必要になるとなると、どこと併用するか迷ってしまいますね。

  • 月額4,510円(税込)~4,972円(税込)
            ※12ヵ月一括払いの月あたり料金
  • マンガ形式のテキストと豊富な副教材!
  • 6年生は公立中高一貫校受検対策ができる!

\ まずは無料体験キットでチェック! /
ブンブンどりむの公式サイト

ブンブンどりむと並行して取り組みたい適性検査対策・作文対策

最後に、ブンブンどりむとぜひ並行して取り組みたい適性検査対策・作文対策を挙げておきます。

青少年読書感想文全国コンクール

1955 年から始まった小学生~高校生向けの読書感想文コンクールです。

課題図書・自由図書を読んで既定の文字数の感想文を書き、応募します。

「コンクールに応募する作文を書くんだ!」と目標を持って作文に取り組めますね。

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.dokusyokansoubun.jp/です。
(参考:青少年読書感想文全国コンクール
 https://www.dokusyokansoubun.jp/ 2021年5月19日)

公立中高一貫校の模試情報

公立中高一貫校の適性検査に即した模試が受けられる模試情報です。

模試は、自分の立ち位置を知るためにも重要な機会なので、通塾していない方はぜひ活用するようにしましょう。

まとめ:作文力は小1からスモールステップで身に付けたい

今回は、作文に特化した通信教育講座「ブンブンどりむ」のコース内容や教材内容、受講費、他社との比較についてまとめました。

「ブンブンどりむ」のまとめ
  • 作文に特化した6年間一貫した学習カリキュラム
  • 公立中高一貫校の作文記述対策ができる
  • 読解力・作文力を育むことで他教科の成績UPが期待できる
  • 作文だけで考えると料金は高めだが、身に付けられる「記述能力」は生涯にわたって活用できる

記事を作成する際に参考にしたサイトは、https://www.bunbun-dorimu.net/です。
(参考:ブンブンどりむ https://www.bunbun-dorimu.net/ 2021年5月19日)

ブンブンどりむの公式サイト

最後まで読みいただきありがとうございました。
記事内容は記事執筆時のもので、価格や内容は変更している場合があります。
最新情報は、公式サイトにてご確認いただけますと幸いです。
タイトルとURLをコピーしました